So-net無料ブログ作成

パロサントとホワイトセージの両焚きで見えてくるもの 2013.03.16

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。

 今週は、ニュースがあります。
 しかも、超が付くほどのビッグニュース。

『パロサント』をご存じでしょうか?
 知っている方は、相当な神秘アイテム通。

 これまでも、ディープなスピリチュアル系の人たちの間で、

 「あれは凄いよ」
 「一度は試してみたい」
 「なんとか手に入らないかな」
 「香りがやみつきになる」

 といったぐあいに、まるで都市伝説のように囁かれてきた代物。

 パロサントとは、中米各地に自生する特殊な香木です。
 その香りは、ときには甘く、ときには爽やかで、ときには幻惑的に変わります。

 インカ帝国の昔から、アンデス地方を中心にシャーマンたちが儀式や治療に使ってきたため「神の木」(=Palo Sant, 英名=Holy Wood)と呼ばれます。

 今でも、教会で焚く薫香として、民間治療で熱・感染症・皮膚疾患に対処する重要なハーブとして、不幸や災難を取り除く儀式用アイテムとして使われています。
 その代表的な例は、アヤワスカと呼ばれるハーブの煮汁を飲んで心身の毒出しを行う儀式で、その際に場を清めるためパロサントを大量に焚きます。
 
 ラテンアメリカでは今でも土地の精霊とともに生き、あの世とこの世をまたいで暮らす伝統的な生活習慣が息づいており、その際の重要なアイテムがパロサントなのです。

 近年日本にもアヤワスカを使った浄化の儀式などが紹介され、パロサントの存在も伝わってきましたが、その幻惑的な香りと入手するのが難しいことから、「幻の香木」と呼ばれてきました。

 そんなパロサントを今回、遂に販売することができるようになりました!
  ↓
パロサント クリックすると販売ページが開きます
パロサント



 パロサントは独特の強い芳香があり、置いておくだけで幸運を呼ぶとされますが、本格的な使い方は、やはりお香として焚くことです。

 不思議なのは、パロサントの木片そのままの香りと、焚いた後では香りが変わって感じられる点です。
 木片の状態では穏やかで甘い香りなのですが、火を付けて消し、煙を立たせると、スーッとするような爽やかな香りに加え、濃厚な果実を燃やしているような奥深さを漂わせ、しばらく嗅いでいると心身が
 リラックスして遠くに行ってしまうような感覚さえ覚えます。
 デリケートな人なら、トランス状態になってしまうのかも知れません。

 かなり個性的な芳香で、浄化作用も強力なので、病みつきになるほど心身にマッチする人もいれば、毒出しの要素を強く感じて拒否反応を示す人もいると思われます。
いずれの場合でも、パロサントがナチュラルな神秘ツールとして高い効果を持つことの証と言えるでしょう。

 地元では、パロサントの香りに惹かれて聖なるスピリットが集まってくると同時に、邪悪なスピリットは放逐させられてしまうと信じられています。
 このためでしょうか、一部ではホワイトセージと比較して「セージは浄化するだけだが、パロサントは浄化したうえに聖霊を呼び寄せてくれる」といった説明も見られますが、ホワイトセージがパロサントより劣っているわけではありません。
 両者は住む世界が違うだけです。

 ホワイトセージは大草原を渡る爽やかな風のようであり、そうしたスピリットを呼んでくれることでしょう。
 一方パロサントは、闇と光が交錯する濃密なジャングルを思わせ、そうした世界に住むスピリットを呼び寄せてくれるのだと感じます。

 ここでお奨めしたいのは、ホワイトセージとパロサントの両焚きです。
 二つの容器を用意して、セージとパロサントを別々に入れ、同時に焚いてみてください。
 草原を渡る爽やかな風とジャングルの濃密な空気感が一体となり、空と樹海、天と地が溶け合って自分自身もそこに溶けていくような感覚を覚えます。

 できれば焚く容器はレインボーアバロンシェルを使ってみてください。より広がりのあるビジョンが見えやすくなります。

 ただし、セージとパロサントはどちらも非常に個性的な香りですので、同時焚きをする場合は、どちらの香りも好む方のみ、最初は少量から試すようにしてみてください。
 また、体調の悪い場合や妊娠中の方、嗜好品を多量に摂っているときは避けてください。

ホワイトセージ クリックすると販売ページが開きます
ホワイトセージ


---

 というわけで、パロサントはかなりポテンシャルの高い神秘アイテムなのですが、ひとつだけ懸念があります。
 今後継続して入荷できるかどうかは定かではないのです。

 パロサント自体は過剰な伐採を防ぐために政府の管理下にあるらしく、今回はたまたま間伐材を円高時に仕入れたため、非常に安い価格を実現することができました。
 正直、販売する側も、こんなに安くて良いのかと思うくらい、低価格でお出ししています。

 しかし間伐の時期がずれれば原木を取得することはできず、円安が進む昨今ゆえに、次回入荷の際は価格が上がることは間違いありません。
 一度試して見たいという方は、ぜひ今回トライして頂くことをお薦め致します。

 また、パワーストーンの意味や浄化方法は「パワーストーンなび」をご覧ください。
 http://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それでは、今週はこのへんで。
 祈開運!



【今週の開運金言】
「知識は伝えることができるが、知恵は伝えることができない」
(ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』)

※この記事は、長樹ラパンの『パワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html

 
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 1

古賀 理浩

毎日の浄化にこの焚き方を利用させて頂いてます・・。  大変良い感じです・・。  最近では沈香を更にブレンドして使用してます・・。  
by 古賀 理浩 (2018-04-19 13:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0