So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

インドの天地創造神が水晶に化身すると 2018-03-10

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 花粉が飛び始めたようですが、そんなもの気にしていられません。
 今週は久々に大興奮。新タイプの水晶に出会えたからです。
 最初見た瞬間から、

「こんな水晶、今まで見たことがない」

 と口にしてしまいました。

 まずはこちらの画像をご覧ください。
  ↓
ブラフマー水晶 プレミアム No.643のサンプル画像


 非常に神秘的ですよね。
 細長い形と言い、内包したスモークの具合といい、何か訳の分からない凄さを
感じてしまいます。
 上記の水晶は3本のほぼ同じ長さの柱がくっついていますが、こうした複数の
柱が重なったタイプが多い点が特徴のひとつです。

 仕入れで選んでいる時には、他にこんな感じのものもありました。やはり複数
柱のタイプですが、下記は後述の理由により仕入れませんでした。
  ↓
(参考画像)
ブラフマー水晶 未入荷品のサンプル画像x

ブラフマー水晶 未入荷品のサンプル画像y


 もちろん1本だけの単結晶タイプもあったのですが、それらは採掘時に分解さ
れたものである場合も多いようです。
 石の波動を感じながら慎重に選んだ結果、今回は3本だけを入荷し、下記のペ
ージにまとめました。タップすると販売ページに飛びます。
  ↓
シブラフマー水晶 プレミアム No.643
ブラフマー水晶 プレミアム No.643のサンプル画像



------------


 採掘地はインド北西部、プシュカル。
 ここにはブラフマー神を祭る寺院があり、その側で採れたためブラフマー水晶
と呼ばれています。

 ブラフマー?

 若い方なら、ゲームのキャラか、ロックバンド「ブラフマン」だと思ってしま
いますよね。
 でも、ブラフマーとは本来、古代インドで宇宙を創造したとされる最高神です。


 古代インドの天地創造神話を、さらっとご紹介しましょう。

 かつて暗黒の宇宙には実体のないエネルギー「ブラフマン」があるだけで、物
質的なものは何も存在しませんでした。そのエネルギーを男性の人格神として表
現したのが、「ブラフマー」です。

 ブラフマーは最初、「空・地・風・水・火」の5要素を創り出すも、実体化は
難しかったようです。そこで水の中に種をまきました。その種は黄金の卵となり
ました。
 ブラフマーは卵の中に入り、卵を割ってそこから生まれ出ることで、自分自身
を実体化しました。割れた卵の殻は天と地となり、続けてブラフマーは、たくさ
んの物を創り出していった.....。

 これは天地開闢(かいびゃく)の物語であると同時に、生命誕生のメタファー
と読むこともできます。男性神であるブラフマーが卵子の中に入り、卵割を引き
起こすことによって、新たな生命(宇宙)が誕生した、というわけです。


 ブラフマーが絵画や像として表現されるときは、4つの頭と4本の腕を持ち、
それぞれの腕には知識や創造を意味する数珠や杓などを手にしています。なにし
ろ森羅万象を創り出す造物主ですから、頭や手がいくつあっても足りないくらい
だったのでしょう。
  ↓
ブラフマー神のイメージ画像
ブラフマーのイメージ画像

From Wikimedia Commons


 ブラフマー神のイメージと、今回入荷したブラフマー水晶の画像を見比べ
てみてください。似ていると感じるのは、私だけでしょうか?

 インドではその後ヒンズー教が盛んになるため、ブラフマーの最高神としての
地位は下がっていくのですが、仏教に採り入れられたブラフマーは「梵天(ぼん
てん)」となり、仏法の守護神となりました。


------------


 スピリチュアル的な考え方では、私達の住むこの世界にあるものはすべて、ス
ピリットの世界にオリジナルがあるとされます。オリジナルの性質が反映された
コピー的な物質が、この世にあるというわけです。
 例えば、あなたという人間も、本来はスピリットの世界にいる、より崇高な存
在(ハイヤーセルフ)なのですが、そのいくばくかの性質を生身の身体に投影し、
物質界を体験しているだけというわけです。

 さて、もしもブラフマーという神的存在の一部が、自身を祭る寺院があるプシ
ュカルの大地に化身し、水晶という形で結晶したとしたらどうでしょう。今回ご
紹介するブラフマー水晶的な外観、特質を備えていて、なんら不思議はありませ
ん。

 ブラフマーは多頭神であるため、双子や三つ子などの多頭結晶が多くなるのは
むしろ当然です。
 水晶内部の不可思議なスモークも、天地創造以前の原初の混沌を感じさせます。
 さらに、ブラフマー水晶の放つ圧倒的な男性的パワーは、かつて黄金の卵を割
ったように、困難に打ち勝って新たな世界を創り出す暗示に満ちています。

 この水晶はきっと、私たちが今を生きるために必要であるからこそ、姿を現し
たに違いありません。


 開運なびには今回、たくさんのブラフマー水晶が持ち込まれましたが、その中
で実際に仕入れたのはわずか3本です。厳選に厳選を重ね、ブラフマー神の暗示
が強く出ているものだけを残した結果です。

 ブラフマー水晶は、あまりも謎に満ちた水晶です。
 このメルマガや販売ページに記載したことは、ブラフマー水晶が垣間見せる深
い世界観のほんの一部に過ぎないと思います。

 ぜひあなたも、実際に手にとって、自分自身のブラフマー水晶を体験してくだ
さい。きっとその先には、まっさらな新しい世界が待っているはずです。
  ↓
ブラフマー水晶 プレミアム No.643
ブラフマー水晶 プレミアム No.643のサンプル画像



 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html



 では今週はこのへんで。
 祈開運!



【今週の開運金言】

「すばらしい絵画はうまい料理法のようなもので、味わえるが説明はされない」
(モーリス・ド・ヴラマンク 〜フランスの画家・文筆家)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。