So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「時を越えて育む」 〜貝のもたらす開運パワー  2017-07-22

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 あついですね〜、、、
 なんて言葉があいさつ代わりに出てきてしまう今日この頃。

 梅雨明け宣言が続々出され、いよいよ夏本番ですね。
 学校も夏休みになり、海水浴に出かける方も多いことでしょう。なか
には海外のビーチを満喫する方もいるのでしょうね。あーうらやまし。

 ところで、あなたが開運を願い、日常にプチラッキーを求めている方
なら、海辺に出かけたときは是非、砂浜に落ちている貝殻に注目してみ
てください。

 貝は大きな可能性を秘めた開運アイテムです。石ではありませんが、
「時を越えて育む」というパワーを持っています。

 今回はそうした貝の持つ力についてお届けしたいと思います。
 

-----------


 貝は昔から縁起物として扱われてきました。

 よく知られているのは、おひな様の日に飲む「はまぐりのお吸い物」
ですね。将来良き伴侶に巡り会えますように、という願いを込めて飲む
ものです。
 なぜはまぐりかと言えば、、、

 二枚貝は全般的に上下の貝殻が合うため縁起が良い品なのですが、な
かでもはまぐりだけは、もともとの上下セット以外ではピッタリ合うこ
とがないからです。同じ大きさのはまぐりを揃えて、上下バラバラにし
てランダムに合わせようとしても、もとの組み合わせでしかぴったり合
わないのです。
 こうした特徴を活かして、平安時代の昔から「貝合わせ」という雅な
遊びも楽しまれてきました。トランプの神経衰弱みたいなものですね。

 ぴったり合う特徴は、「分かつことのできない良縁をもたらす」こと
につながります。はまぐりのお吸い物を飲むことで、良縁を引き寄せる
エキスを飲む。将来素敵な男性と巡り会い、その縁がずっと続くことを
願う。時を越えた願いをかけるわけですね。

 また結婚後の生活にも、二枚貝は大きな意味を持ってきます。
 二枚貝は内部で「育む力」が強いのです。良い例がアワビ貝で、エネ
ルギーを結晶化させ、美しい真珠を創り出すことができます。
 このように、二枚貝は愛を育み、産み出し、保育する暗示があるので、
出産や赤ちゃんの成長をサポートするものとしても扱われます。

 開運なびで、石の休息ベッドとしてシェルをご提案しているのは、こ
うした理由があるからです。
  ↓
スリーピングシェル
スリーピングシェルの画像

 

-----------


 貝は美しいものが多いため、昔から盛んにアクセサリーに加工された
ことはもちろん、古代においては貨幣として用いられました。
 つまり美しい貝そのものが貴重品であり、「お金」であったわけです。

 お金に関する漢字をみると、「財」「貨」「貯」「寶(たから)」な
ど、貝が入っています。貝がいかに大切なものであったかが分かります。

 さらに二枚貝全般は、獲物をくわえ込む力が強いことから、風水思想
においては、「財を取り込んで放さない」暗示のある、重要な蓄財アイ
テムとして扱われました。

 貝殻を金運や財運の方位である西や東北に置いたり、玄関に置くこと
を推奨している流派もあります。
 ただ貝殻だけだと生気が抜けたものである場合もあるため、ルチルや
シトリンなど、金運系の石を側に置くことで有効性を高めることにつな
がります。

 ちなみに下記のルチルクォーツは、石自体がまるではまぐりを思わせ
る形をしており、蓄財パワーを非常に強く感じるものです。ご覧くださ
い。
  ↓
ルチルクォーツ プレミアム No.706 ~ 財宝蛤 ~
ルチルクォーツ プレミアム No.706 ~ 財宝蛤 ~の画像

 

-----------


 同じ貝であっても、二枚貝と巻き貝では、そのパワーが微妙に異なり
ます。

 巻き貝は「吸い込む」力があるため、やはり幸運を引き寄せ貯めるパ
ワーもあるのですが、「時空間を越える」という意味がより強い暗示と
して出てきます。
 内部の構造が「渦巻き」状だからです。

 スピリチュアルな世界においては時間や空間の違いは存在せず、すべ
てが「今ここにある」わけなのですが、あえて私たち物理世界の人間に
わかりやすくモデル化すると、時空間は渦巻きのようなモデルになると
いわれます。

 基本、すべては回転しています。
 地球は太陽の周りを回り、四季が巡り来て、人は一年毎に年をとって
いきます。しかしそれは単に同じ面を回っているのではなく、少しずつ
上昇(あるいは下降)していく渦巻き状であるというわけです。ヒトの
基本構造であるDNAが二重らせんであるのも、こうした理由があるの
でしょう。

 巻き貝はらせん構造を、その内部にしっかり具現化しています。時間
を越えるトンネルをもっています。それ故に、過去から未来へ、未来か
ら過去へといった、時空間を越えるパワーに優れているとされるのです。
 簡単に言えば、巻き貝はタイムマシンのようなものというわけですね。

 難しいことは考えず、砂浜で巻き貝を見つけ、もしもそれに惹かれた
ら、拾い上げ、貝に耳を澄ましてみてください。そこからあなたにとっ
て重要な何かが聞こえたり、インスピレーションとして湧いてきたりす
るかもしれません。

 あるいは、何か叶えたい願いがあるなら、巻き貝に語りかけてくださ
い。あなたの願いが既に叶った状態をイメージし、感謝の言葉を発して
ください。あなたの感謝の念は巻き貝のトンネルを通して送信され、時
空間を越えて広がり、やがて現実として立ち現れる種となるでしょう。

 そうした暗示を込めたアイテムとして、限定品ですが下記を販売して
います。
  ↓
アクアマリン 2017夏ボトル
アクアマリン 2017夏ボトルの画像



 上記のボトルでも、貝殻だけではなく、アクアマリンの力をプラスす
ることで効力を高めています。
 あなたの今年の夏の想いを、過去と未来に放ち、幸せを実現する一助
としてください。。


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それではまた次回
 祈開運!



【今週の開運金言】

「愛するとは、自分を追い越すことだ」
(オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの画像』より)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791

クレオパトラも若返りの石を使っていた?  2017-07-08

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 このところ蒸し暑い日が続いていますね。
 しかしそんな暑さを吹き飛ばすべく、開運なびではサマーセールを
開催しています。ぜひご覧ください!
   ↓
サマーセール & プレゼントキャンペーン!
サマーセール & プレゼントキャンペーンの画像




 サマーセールでイチオシのアイテムは、もちろんこちら。
  ↓
「若返り」の願いが叶ったブレス
「若返り」の願いが叶ったブレスの画像



 そこで今回のメルマガでは、「若返り」をテーマにしてお送りした
いと思います。


----------


「若返り」は、誰でも気になること。おそらく人類にとって永遠のテ
ーマですよね。

 一定の年齢以上の人はもちろんですが、十代や二十代の若者でも、
「もう年だから」と口走ったりします。おかしな話に聞こえるかもし
れませんが、言ってる当人はいたって真面目。自分が生きてきた過去
を見つめているから、当然、「年をとった」という感覚になるのでし
よう。

 しかし、三十代、四十代、五十代に入ると、その真剣度はがぜん増
していきます。アンチエイジングの化粧品やサプリメントがたくさん
用意されていることを見てもわかります。
 開運なびにも、「アンチエイジングの意味がある石はどれですか?」
なんてご質問は定期的に寄せられます。

 その答えはと言えば・・・、

 まず、緑色の石は全般的に健康面に良い暗示を持ちます。
 アベンチュリン、エメラルド、クリソプレーズ、グリーントルマリン、
翡翠(ひすい)、フックサイト、プレナイト、ペリドット、マラカイト、
モルダバイト、などなど。

 では、ことアンチエイジングや若返りというテーマで見たときはどれ
になるのでしょう。
 歴史上、こんな興味深いエピソードがありますので、まずはそちらを
ご紹介致します。


----------


 絶世の美女とうたわれた古代エジプトのクレオパトラ。
 その魅力でローマ皇帝カエサルをはじめ強者を手玉にとり、廃れ行く
エジプトを復活させようとしました。
 実際にはさほど美人なわけではなかったという説もありますが、独特
の魅力があったことは確かでしょう。

 そんなクレオパトラでも生身の人間です。年々容貌に衰えが見えてく
ることには不安に思っていました。
 しかし彼女には、秘密兵器がありました。
 エメラルドです。
 美しい緑色の波動を放つこの石を、クレオパトラはたいそう好み、全
身をエメラルドで飾っていたとも伝えられています。もちろんエメラル
ドのコレクションを大量に所有し、自分の名前を付けたエメラルド鉱山
も持っていたとか。

 ところが・・・、

 クレオパトラがもっていたエメラルドの多くは、実は鉱物的にはペリ
ドットだったようです。
 なにしろ古代です。緑色の石=すべてエメラルドと呼ばれていた時代
です。エジプト周辺には良質のペリドットを産出する地がたくさんあり、
ペリドットをエメラルドと呼んだとしても間違いではなかったのでしょ
う。

 エメラルドとペリドットを比べてみると、もちろん個体差はあります
が、エメラルドはより深く濃い、青みがかった緑色です。ペリドットは、
より明るく軽やかな若葉色と表現できるものが多いと思います。

 クレオパトラはペリドットに、美をもたらしてくれる根源、すなわ
ち若さの泉のようなものを見ていたのかもしれません。


----------


 開運なびでは、数あるグリーン系の石のなかでも、ことアンチエイジ
ングの意味がもっとも強いものはペリドットであると考えています。
 この石には古来「太陽の光が宿っている」と伝えられ、その光は若々
しい緑色を帯び、持ち主にその波動を与えるとされます。

 そこで「若返り」をテーマにしたブレスレットを作ろうとした場合、
メインストーンはペリドットになるのは必然でした。しかしその波動を
より効率良く引き出すためには、他の石の助けを借りる必要があります。

 ペリドットはルチルクォーツやシトリンなど、金色系の石と組み合わ
せた場合には強い陽性波動を形成し、金運を呼ぶ暗示を持つことができ
ます。
 しかしこと健康や若返りを目的とした場合はまた別の石の助けが必要
ということです。


 ペリドットは、若さのエキスそのもののような石です。例えて言え
ば、生い茂った樹木の先端にある「葉」のようなもの。
 しかし葉を維持するためには、枝が必要で、枝を維持するには幹が、
幹を維持するには根が、そしてそれら全体を維持するエネルギーと、
エネルギーを巡回させる樹液が必要です。
 そうした役目を果たす石、それはルビーとミルキークォーツでした。


 ルビーはエネルギーの塊のような石です。
 ダイヤモンドに次いで硬い「宝石の女王」であり、パワーストーン
的にも「不死身」の意味をもつ非常に強力な石です。赤い色は命の炎
であり、下腹部のチャクラを刺激して生殖器や血液に力を与えるとさ
れます。
 そんなルビーをエネルギーの根源として、ブレスレットの基底部に
据えました。


 ルビーのエネルギーを媒介する役目を果たしてくれる石が、ミルキ
ークォーツです。この石は、他の石のパワーを運んだり、拡大してく
れるという特性があります。
 そこで本ブレスでは、基底部のルビーからエネルギーを流し運び、
ペリドットにつなげてくれるような、いわばブレスの樹液をイメージ
して配置しました。


 ペリドット、ルビー、ミルキークォーツ、3種類の天然石に加え、
このブレスには小さな金色のロンデルをさりげなく挿入しました。小
さくとも光りを受けるとキラリと輝く、きらめきの象徴です。

 ブレスレットを全体的にみると、基底部のルビーから発したエネル
ギーをミルキークォーツが運び、若葉を象徴するペリドットがこんも
りした樹木のように広がり、きらめきの果実であるロンデルがさりげ
なく隠されている、といったイメージになっています。
  ↓
「若返り」の願いが叶ったブレス
「若返り」の願いが叶ったブレスの画像



----------


 もちろんブレスレットを腕につけただけで、あっという間に若返る
「逆浦島太郎」現象は起こりませんが(起こったらコワイ....)、天
然石の、ゆるやかだけれど深く広がりのある波動を毎日浴びることで、
ゆっくり自然に心身の気が整っていきます。

 やがて、あなたの内面の美しさ、優しさ、明るさがいっそう引き出
されてきて、年下の人からも、こんな素敵な大人になりたいと思われ
ることでしょう。

 発売を記念して、サマーセール期間中は25%オフにてご提供してい
ますので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それではまた次回
 祈開運!


【今週の開運金言】

「我々が明日花開くのにただひとつ足かせとなるのは今日の疑念だろ
う」
(フランクリン・ルーズベルト 〜第32代米国大統領)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。