So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

開運なびのミッションページができました 2017-09-30

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 ときおり吹いてくる風の雰囲気が、がらりと変わってきましたね。
 ふっと、秋っぽい冷たさを感じます。
 夏の暑さに疲弊していた感覚がもどり、五感が鋭敏になっていく。食欲の秋、
芸術の秋がやってきます。楽しみですね。

 さて今週のメルマガは、まずお客様から頂いたお便りをご紹介致します。


----------------


●ハンドルネーム「E.H.」さんから頂いたお便り

ご購入アイテム:
翡翠4A@PPSPペンダント
翡翠4A@PPSPペンダント


初めて貴社を利用させて頂いた者です。お願いしていた「翡翠4A@PPSPペンダ
ント」が昨日届いたことをご報告します。発送に関して色々とお願いしたにも関
わらず希望通りにして下さって、本当にありがとうございます。

届いた翡翠はとてもとても綺麗で、サイトで拝見した通りの上品なミントグリー
ンでした。そして、ワイヤーの渦巻きがとても可愛らしいです。40cmチェーンに
合わせるとちょうど良い位置に程良い大きさの翡翠が来ます。

色々と思うところがあり、それまで持っていた石たちを処分して石のない生活を
していました。それで別に何か悪いことが起こったとか、そんなことは全くあり
ません。平穏無事に暮らしていました。
ただ石がなくなったことで、私は単に石が好きなんだなと気付きました。触った
感じに癒され、見て癒され、自分が可愛いと思った石をお迎えして愛でる時間が
好きだったんだな、と気付かされました。効果とか、そんなのはどうでも良くて
(あったらあったで嬉しいですけど 笑)、ちょっと勇気が欲しい時、踏ん張り
たい時に、自分の好きな物と一緒に心強く歩んでいけるっていうことが大切なん
だと思います。

また近いうちにお世話になりたいと思います。よろしくお願いします。



(開運なびより)

 E.H.さん、お便りありがとうございました。

 内容を読ませていただいたところ、まさに開運なびが目指していることを文面
にしていただいたようで、とても感動しました。

 そもそも開運なびは、ページを閲覧したり、商品を購入するなどして関わって
いただいた方に、ポジティブになってもらおうと意図して始めたサイトです。
 石を通じて、元気になったり、勇気づけられたり、一歩踏み出すきっかけにし
てもらったり、凹んだり悩んだりしたときには心の支えとしてもらえたら、そん
な想いで運営しています。
 それはたまたま石を通じてであり、別に石でなくとも良いのかもしれませんが、
ではなぜ石なのかと問われれば、やはり「石が魅力的で好きだから」となります。

 今回頂いたメールは、そうした私たちの想いと同じ気持ちを表現していただけ
たようで、大変嬉しく、ありがたく感じました。

 こちらこそ、これからもよろしくお付き合いくださいませ!


----------------


 実は、ちょうど開運なびのミッションページを作成していたところで、どんぴ
しゃ!のタイミングで、E.H.さんからこうした内容のお便りを頂き、シンクロ
ニシティの不思議さを改めて感じさせられました。

 ミッションページは今週アップし、E.H.さんからのお便りも許可を頂いたう
えで、ページ後半に掲載させて頂きました。どうぞご覧ください。
  ↓
 開運なびとは?
 OUR MISSION
 https://www.kaiun-navi.jp/navi/about.html


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それではまた次回
 祈開運!


【今週の開運金言】

「昔、羽振りのよかった者は復古を主張し、いま羽振りのよい者は現状維持を主
張し、まだ羽振りのよくない者は革新を主張する」
(魯迅 『而己集 - 小雑感』)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シャーマナイト --- 現代のシャーマンたちに贈る『あの世の石』 2017-09-16

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 さて今週は、ちょっとプロ向けの石をご紹介したいと思います。

 どういったプロ向けかと言えば、ヒーリングやチャネリング、占い、退行カウン
セリングなど、スピリチュアルな業務に携わる方々です。
 もちろん一般の方にお持ち頂いても有用なのですが、精神世界を扱う仕事をして
いる場合には、大いに助けになってくれると思います。


 その石は、非常に変わったカルサイト(方解石)の一種です。

 実はごく普通のカルサイトも、とてもスピリチュアルな石であることは、あまり
知られていませんので、少しお伝え致します。
 こちらのページの画像をご覧ください。
  ↓
オプティカル・カルサイト
オプティカル・カルサイト



 画像は平面的なのでわかりづらいかもしれませんが、カルサイトの結晶はしばし
ば「マッチ箱を押しつぶしたような形」と表現されるように、立体的な平行四辺形
の形をしています。つまり、上下、左右、表裏の各面が、少しずれた形で重なり合
っているわけです。ここがポイントです。

 画像のようにある程度大きさのある石はもちろんですが、カルサイトを割ると同
様の形になるように、細かな結晶が平行四辺形の形をして、それが無数につらなっ
ています。

 カルサイトの平行面は、「並行宇宙(パラレルワールド)」の象意として捉えら
れます。並行宇宙とは、今ある現実とは少しずつずれた世界がいくつも存在してい
るという考え方です。そこでは別のあなたが、少しずつ違った人生を歩んでいます。

 少々乱暴なたとえになりますが、ロールプレイングゲームでは、プレーヤーの進
み方によっていくつもの場面が用意されています。私たちも、日常生活で小さなこ
とから大きな決断まで、さまざまな選択を繰り返しており、違う選択をしていたら
また「別の現実」にたどり着いている可能性もあるわけです。

 さらに、今いる物理世界とは異なる次元の世界もあるとされ、カルサイトのクロ
スした面はそうした視点の転換を表現しています。

 チャネラーと呼ばれる人は、オプティカル・カルサイトの各面を使うことで、相
談者に関連する「別の現実」や「別の次元」を透視しようとします。
 ですから、一般的なカルサイトも十分スピリチュアルワークに貢献するのですが、
今回ご紹介するカルサイトは、あまりにも特殊なのです。


------


 その名は、シャーマナイト。

 英語で、祈祷師や呪術師のことをシャーマンと呼びますが、そうしたシャーマニ
ックな力を持つ石ということで名付けられました。

 実際、産出地でああるアメリカ、コロラド州のネイティブ・アメリカンは、儀式
の際に用いたり、「プロテクション・ストーン(守り石)」として携帯していたり
しました。
 あるネイティブは、「私の祖母はいつもこの黒い石を持っていて、他人の悪い考
え、妬みや嫉み、魔法などを吸収するために使っていた」と語っています。

 白人に「発見」されたのは今世紀に入ってからで、一般的な認知度は低いものの、
いわゆるスピリチュアルワーカー、つまり現代のシャーマンやメディスンマンと呼
ぶべきたちからは絶大な信頼を得ています。
 この石を使うと、

・他者からの悪意や嫉妬から守られる
・自分のエネルギーが浄化され、抵抗力がつく
・あの世との交信など、スピリチュアルなワークを深化してくれる

 等々、彼らのニーズに非常に合致していたからです。


 この石、鉱物的にはブラック・カルサイトです。
 しかし一般的なカルサイトと異なり、すすけたような黒色で、不透明で、おまけ
に形は平行四辺形ではなく、不定形の塊です。そして表面には、不可思議な白い筋
や紋様が浮き出ています。それらはまるで暗号や呪文のようです。渦巻きに見えた
り、勾玉に見えたり、象形文字や、古地図に描かれた小道にも見えてきます。

 表面の不思議な模様の正体は、古代に生きたプランクトンや細かな巻き貝の化石
です。
 シャーマナイトが産出するロッキー山脈は、かつて海の底でした。
 はるかな古代、海に生きた生物たちの死骸が降り積もり、海底土壌となり、やが
て大規模な地殻変動により天高く持ち上げられ、そうした一連の過程でシャーマナ
イトが形成されました。

 つまりこの石には、気の遠くなるような時間と空間が内包され、そこに数々の生
物たちの生と死のドラマが内包されているわけです。一見黒く見える石は、実は凝
縮したまばゆい光の世界であり、そこに精霊となった生物たちが今も息づいていま
す。

 もしも仮に、あの世の一部を切り取ってきて、目に見える「物」に置き換えるこ
とができたとしたら、おそらくそれはシャーマナイトのようなものになるでしょう。

 さらに詳しい解説は、下記ページをご覧ください。
  ↓
 シャーマナイトの意味
 https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/shamanite.html


 シャーマナイトを使ったアイテムが2種、入荷しています。これらは限定入荷の
ため、おそらく今後入ることはありません。この機会をご利用ください。
  ↓
シャーマナイト ブレスレット
シャーマナイト ブレスレット


シャーマナイト原石
シャーマナイト原石



 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それではまた次回
 祈開運!


【今週の開運金言】

「間違いを怖れて戸を閉ざせば、真実も閉め出されてしまう」
(タゴール『タゴール死生の詩』より)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トレジャーメノウの意味と使い方  2017-09-02

 
 こんにちは、開運なびの長樹(ながき)です。
 開運なび https://www.kaiun-navi.jp/


 今回のメルマガでは、風水のパワーアイテムとしてとても良いモノが入荷したの
で、ぜひご紹介したいと思います。
 すでにサイトにはアップしているのでご覧頂いた方も多いと思いますが、そのア
イテムとは、トレジャーメノウです。
  ↓
トレジャーメノウ(財宝瑪瑙)
トレジャーメノウ(財宝瑪瑙)



 本誌では、サイトには書き切れなかったことも含めてお伝えしたいと思いま
すが、その前に。とりあえず、先入観なしに上記ページにて石の画像を閲覧してみ
てください。何か別のものに見えてこないでしょうか?

 ・・・・・

 私はこの石を見た瞬間、「滝壺」や「井戸」を連想しました。

 滝壺といえば、開運的には龍の住処。いわゆるパワースポットですね。

 そして実は井戸も、パワースポットのひとつです。
 よく知られているところでは、明治神宮の「清正井(きよまさのいど)」があり
ます。

 また、京都の八坂神社の本殿の下には、底知れぬほど深い井戸があり、「龍穴
(りゅうけつ)」と呼ばれています。この井戸には龍が棲むといわれ、鎌倉時代
に記された『釈日本紀』では「竜宮に通じる」と記載されているそうです。

 井戸への信仰は世界各地にあります。
 たとえば、遠くイタリアのサルデーニャ島も、かつて井戸が信仰の対象だった遺
跡がそこかしこにあります。下記ページでは、三角形の入口をもつ不思議な井戸を
紹介しています(ページなかほど)。
 TBSテレビ『世界遺産』
http://www.tbs.co.jp/heritage/feature/2015/201508_02.html

 滝壺と井戸、規模は違えどなぜパワースポットになるかと言えば、それは「大地
に穿(うが)たれ、そのエネルギーを地表に放出する場所」だからなのでしょう。


-------


 ちょっと話が脇に逸れてしまいましたね;;
 トレジャーメノウに戻りましょう。

 この石は、鉱物的にみれば、ボール状のメノウを、本体と蓋の2つに割り、内部
の空洞を見えるように台座にセットしたものです。別名「ふた付きメノウ」とも呼
ばれます。
 このふたにも大切な役割があるのですが、それは後述するとして、トレジャー(
財宝)という呼び名を付けた方が、この石の本質をよく表します。なぜなら、内部
が空洞状のメノウは、内壁に水晶やアメシストなど、さまざまな鉱物を結晶させる
力をもっているからです。

 空洞状の石は、晶洞(ジオード)と総称され、内部に「エネルギーを集める」作
用が働くとされます。集まったエネルギーが人の目に見える形で具現化した結果、
水晶やアメシストなど、キラキラ輝く鉱物になったわけです。
 エネルギーの動きは目に見えないけれど、結果として物質化したトレジャー(財
宝)がそこにあるわけですね。

 こうした現象を、古代の科学である風水で表現すると、
 「エネルギー = 龍」
 「エネルギーの流れ = 龍脈」
 「エネルギーのたまり場 = 龍穴」
 となります。

 それゆえ風水では、晶洞は龍の住処であり、龍が日々活動して集めてきた幸運の
エネルギーを貯め込む「龍穴」であり、エネルギーを結晶して育てる「子宮」や
「保育器」として機能していると考えました。

 とくにトレジャーメノウは、風水で「聚宝盆(じゅほうぼん)」と呼ばれ、自宅
内にパワースポットを創出するための、強力なエネルギーアイテムとして重用され
ているのです。


-------


 風水では、トレジャーメノウを自宅に置くことで、「龍のサポート」が得られる
と言われています。
 その家の住民は、日々の活動で自然に幸運な波動を持ち帰ることができるように
なり、想定外の幸運(臨時収入など)を引き入れたり、幸運を財運として貯め込み
逃がさないようにしたりすることができるとされます。


 では具体的にどう使えば良いのでしょう。

 まず置く場所ですが、ベストなポイントは、家屋の太極(中心部)です。
 家の図面があるようでしたら、四隅の対角線を結んでみてください。線の交差し
た点が、簡易的ではありますが太極と判断できます。
 また、太極に置くのは難しいようでしたら、玄関や、自分がよく過ごすリビング
などに置いても大丈夫です。


 置くだけでもかなり効果があるはずですが、本メルマガではもう一歩踏み込んだ
使用方法をご紹介しましょう。

 まずトレジャーメノウの「ふた」。これは飾りではなく、パラボラアンテナのよ
うなものです。「良い気」がやってくる方向に向けておいてください。
 通常は出入り口の方向になるでしょうが、たとえば仕事で金運を上げたいなら会
社のある方角に向け、好きな人がいて振り向かせたいならその人の住む方角に向け、
引っ越したい場所があるならその方向に向けておくといった手法があります。

 普段はふたを開けた状態になるので、ほこりが溜まらないように注意したいもの。

 この石をよりパワーアップさせるには、常時水を入れておくことがベストです。
龍は本来、水の中に戻ってくるものですからね。
 ただ、水は常に新鮮な状態に保っている必要があるので、毎日取り替える必要が
ありますし、石によっては見えないクラックがあって水が沁みだしてくるかもしれ
ません。管理ができないようなら、水は入れないほうがよいでしょう。
 そうした場合は、水晶さざれチップスを入れて、水の代用とすることもできます。

 また、金運をあげたいときはルチルやシトリンの小石を、恋愛運をあげたいとき
はローズクォーツの小石を入れておき、龍のエネルギーが写ったら、それをお守り
として持ち歩く方法もあります。
 指輪や小さなペンダント、コインなどを入れて、エネルギーを与えるのも良いで
しょう。

 どうしても叶えたい願いがあるなら、それを小さな紙などに書いて晶洞内に入れ
ておくといった手法もあります。

 トレジャーメノウは非常に有用な風水アイテムです。
 ぜひ試してみてくださいね。


 パワーストーンの意味は「パワーストーンなび」へどうぞ
https://www.kaiun-navi.jp/navi/powerstone/index.html


 それではまた次回
 祈開運!


【今週の開運金言】

「真の意味でぼくを豊かにしてくれたのは、ぼくが受け取ったものより多くのもの
を与えた場合だけだった、ということを認めなければなりません」
(サン=テグジュペリ)


※この記事は、開運なびのメルマガ『長樹ラパンのパワーストーン星占い』からコラム部分のみ抜粋したものです。
メルマガのご登録は下記へどうぞ。
http://www.kaiun-navi.jp/navi/uranai/index.html#Anchor359791
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー